イメージ画像

管理薬剤師の仕事・勤務時間について

管理薬剤師の勤務時間についてです。管理薬剤師は薬剤師の中の管理職的な立場にあるため、業務の幅も広く、必然的に勤務時間も長くなりがちです。どうしても仕事がきつい、過酷という印象もあります。

平均的な管理薬剤師としての勤務時間は週に40時間程度と定められています。週休2日を確保しようとすると8時間という時間になりますが、勤務先によっては既定の勤務時間では足りず、残業でカバーするケースは多々あります。
保健師の求人探しは転職サイトを活用しよう

勤務先が薬局であれば残業は少なめになる場合が多いですが、ドラッグストアや病院などの場合、その営業時間や突発的な対応のため、勤務時間が長めになる場合は多いです。 管理薬剤師という管理職として仕事をする以上、多少の残業は念頭に置いておいた方が良いと思います。

ただ、管理薬剤師と一般的な管理職と異なるのはその労働に見合った報酬があるという点です。最近では管理職でも、管理職としての手当があまり付かず、収入が伸び悩むケースが多々ありますが、管理薬剤師の場合、労働の対価が比較的給与に反映され易いケースが多いです。

残業分が残業手当として支給されたり、管理職手当として 支給される場合もあります。 薬剤師は一般の職業と比べ平均年収が高めになっていますが、 管理薬剤師でもその傾向は変わらず、勤務時間が長くなる分、 その給与もアップする場合がほとんどです。

もちろん勤務時間が長く、責任のある業務も多くなるため、 大変と感じる部分もあると思います。 それをキャリアアップとして捉え、お客様である患者さんの対応だけに 留まらず、医療業界を支える役割としてやりがいを感じて仕事をする。 そしてそれに見合った報酬を頂くというのは非常に価値ある仕事とも言えます。

管理薬剤師が実際どのような業務内容や就労時間になるのかは やはり職場によって異なります。 転職エージェントでは様々な職場の情報が得られたり、 内容についてのアドバイスもして貰えたりするので、 一度利用してみて自身の今後に役立ててみるのも良いと思います。

薬剤師の転職(派遣薬剤師)

一般的に「派遣」という形の勤務形態は、良いイメージはもたれないようですが、薬剤師の場合は少し意味合いが違ってきます。それは、薬剤師は仕事がないわけではなく、正社員になろうと思えばなれるけれども、あえて自由な生き方を選択するために派遣薬剤師になることが多いからです。
薬剤師転職サイト、薬局・病院・診療所での仕事

確かに、派遣薬剤師である以上、派遣期間が満了すれば別の職場で働くパターンが多く、同じ職場でずっと働ける保証はありませんが、それを承知で派遣薬剤師になって、派遣期間が終わったら一ヶ月かけて海外を旅するという方もいらっしゃいます。要するに、プライベートを満喫することができるわけです。

また、派遣薬剤師の働き方にも種類があり、数ヶ月単位で派遣されるパターン、月に何日、週に何日と単発で派遣薬剤師をするパターンなど色んな種類があります。

例えば、「コンスタント派遣」は週に数日だけの勤務形態です。「スポット派遣」は単発派遣とも呼ばれており、自分の空いた時間を利用して月に数回だけ勤務するものです。その他にも「出張派遣」といって、地方の薬局で働くケースもあります。

このように、自分のプライベートを重視した勤務形態を選択できることは派遣薬剤師の魅力と言えるでしょう。正社員やパートの場合は、長期休暇は簡単には取得できませんからね。

そして、時給もパートより高いので、これも派遣薬剤師で働くメリットの一つと言えます。また、高単価の時給であることから、退職した後に、転職先をみつける間の繋ぎとして派遣薬剤師をしている方もいらっしゃいます。

しかし、派遣薬剤師はパートよりも時給が高い分、即戦力として通用できることが条件となります。なので、調剤経験のスキルは必要と考えておいた方がいいでしょう。好きなときに働いて自由な生き方をしたい方は、派遣薬剤師という働き方は最適だと言えるでしょう。

派遣薬剤師の求人は、転職サイトを利用すれば豊富な案件がみつかります。どちらかというと、個人で探すことは困難だとも言えます。派遣薬剤師に興味のある方は、一度、転職サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

転職を考えている薬剤師のみなさんへ・・

薬剤師に限らず、転職するということは即ち、今の職場を辞めるということでもあるわけですが、転職する際の進め方としては、下記の2つのパターンになるでしょう。

1.まず転職先を決めた上で、今いる会社に退職の意思を報告する。
2.まず退職日を決めて、その後に転職先を探す。

どちらが正解と明言できる訳ではありませんが、将来のことを考えた場合前者の方がベターと言えるかもしれません。

薬剤師の求人では、高収入であるとか、土日休みといった好条件のものは、ほとんど早い者勝ちのようなもので、すぐに求人枠が埋まります。「退職して、ゆっくり次の就職先を探そう」と考えていると、なかなか自分の希望にあった求人先が見つからないことも多々あることです。

気持ち的に抵抗があるかもしれませんが、転職を本気で考えているのであれば、在職中に薬剤師専門の転職サイトのコンサルタントと接触したり、求人先の面接を受けたりといった活動を行っておいた方が良いでしょう。

転職に関しては、タイミングや運といったものも重要な要素になりますが、それだけでは足りません。自分自身で次の就職先を見つける努力が最も重要なのです。それに、一般的な転職の場合、転職先の会社は一定期間入社の猶予期間を設けてくれます。

パートの場合1,2ヶ月ですが、正社員の場合は、長ければ4ヶ月程度は待ってくれます。このように、採用さえ決まれば、ある程度の猶予期間が持てることを考えると、やはり早め早めのアクションが、自分の望む転職先を掴み取るための近道ではないでしょうか。

転職サイトのコンサルタントの方と協議を重ね、優良な求人先があれば日程を調整の上、面接を受けるなど、できることを事前にやった上で、退職の意思を会社に伝えても良いと思います。

もちろん、今の仕事に支障をきたすようなことは社会人の礼儀として絶対に避けなければなりません。「立つ鳥跡を濁さず」のルールを守った上で、早めの転職活動を行いましょう。

リスクのない薬剤師転職(紹介予定派遣)

みなさんは「紹介予定派遣」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。他の職業と同じく、薬剤師においても、転職した後にいわゆる「ミスマッチ」で悩む方は多いのが実状です。

要因を列記してみると、次のようなものが挙げられます。
・労働条件が聞いていた内容と異なる
・通勤時間が長くて大変だ。
・ものすごく忙しい
・職場の人間関係が合わない

こういったミスマッチを極力防ぐ手段として注目されているのが、紹介予定派遣です。実は、転職サイトに登録された求職者の方々の希望で多数を占めるのが、職場の雰囲気や人間関係に関するものなのです。

しかし、この点についてだけは、給料のように数値で表されるものではないため、「そこで働いてみないと分からない」というのが実状であり、人材紹介会社にとっても大きな懸案事項なのです。

紹介予定派遣は、この問題を解決してくれる制度です。人材紹介会社は、求人先の会社と最大6ヶ月の派遣社員契約を締結します。その上で求職者がその会社で派遣社員として一定期間勤務します。

派遣契約期間が終了した際に、求人先会社と求職者の間で合意が取れれば、正社員として本採用になるというシステムなのです。このやり方であれば、いままで事前把握することが困難であった、「職場の雰囲気・人間関係」を直に求職者が現場で体験することができます。

会社側としても、派遣期間中に、求職者が会社にとって有益な人材であるかどうかをじっくり判断することが出来るわけで、お互いに失敗のリスクを減らすことが出来るというメリットがあります。

転職を繰り返すことだけは避けたい、という慎重な思いの方は、この紹介予定派遣を利用してみるのもいいのではないでしょうか。確実に転職を成功させるには得策だと言えるでしょう。

紹介予定派遣制度は、薬剤師専門の転職サイト等で行われているサービスです。専任のコンサルタントが、あなたの希望をヒアリングした上で、最適な紹介派遣先を選定してくれます。興味のある方は、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ